アドセンスアフィリエイト

トレンドアフィリエイト記事数が多くても上位表示しない理由

福田です。

トレンドアフィリエイトを実践していて、記事数も増えてきたけどなかなか上位表示しない・・・

といった経験はありませんか?

キーワード選定もしているけど、なかなか上位表示しない理由は「ライバルチェック」をしていないからです。

1.トレンドアフィリエイトは記事数が多くてもライバルチェックをすること

ライバルチェックをしていてもライバルチェックが甘いか、ちゃんとライバルチェックができていないかということが多いです。

トレンドアフィリエイトの実践者というのは非常に人口が多いので、その分ライバルも多いのでライバルチェックを疎かにしていると上位表示することができなくて稼げないので、しっかりと頭に入れてライバルチェックをしていきましょう。

トレンドアフィリエイトを実践していると当然記事数というのは、どんどん増えていきますがキーワードによっては、上位表示できないキーワードも出てくるはずです。

その解決方法が、ライバルチェックですので、ライバルチェックの方法を解説させていただきます。

2.トレンドアフィリエイトでライバルチェックの方法

トレンドアフィリエイトでのライバルチェックをするポイントについて解説しますね。

ライバルチェックをする場合、以下のようなライバルサイトがあります。

  • 企業サイト
  • トレンドアフィリエイト実践サイト

企業サイトというのは公式サイトや大手サイトです。

トレンドアフィリエイト実践サイトというのは、ごちゃ混ぜブログや特化型ブログの2種類があります。

特化型ブログというのもさらに分割して「短期特化型」と「長期特化型」で分けることができますが今回は割愛します。

下記の記事の後半で短期特化などの説明をしています。

【参考記事】

トレンドアフィリエイトで無料ブログ【使い分けが超大事】

基本的に企業サイトや大手のサイトが来ている場合は、キーワードと企業サイトのコンテンツがマッチしていれば、あなたのブログを上位に表示させることは基本的に厳しいです。

【アクセス爆発】トレンドアフィリエイトのキーワード選定方法のコツ

基本的にライバルチェックの際に見るところは、

  1. 公式サイト、大手サイトが上位に来ているか
  2. コンテンツの質
  3. 記事タイトル
  4. 記事数
  5. 個人サイトが上位に来ているか

これらの5つの要素を見ていきます。

2-1.公式サイト、大手サイトが上位に来ているか

先ほども挙げたように公式サイトや大手サイトであれば、公式サイトや大手サイトのコンテンツがキーワードにマッチしていれば、基本的に上位表示はできないものと考えるべきです。

例えば、キーワードとコンテンツがマッチしていない公式サイトや大手サイトが、検索結果の上位に来ていれば他のライバルチェックの要素が、狙えそうであれば上位表示できる可能性はあります。

なので、公式サイトが来ているからと言って

「絶対に上位表示は無理だな・・・」

と思うのではなく、しっかりとライバルのサイトのコンテンツを確認してキーワードとマッチしているコンテンツなのか確認する必要があります。

2-2.コンテンツの質を確認する

ライバルチェックの際はコンテンツの質をチェックします。

コンテンツの質というのは、記事数とかではなく、文章そのものの質になります。

例えば、キーワードにちゃんとマッチした記事内容なのかということ。

Googleというのは、検索ユーザーのキーワードを元にマッチしたコンテンツのサイトを上位に表示させるので、そもそも何文字書いてもキーワードとコンテンツがマッチしていなければ上位表示されることはありません。

なので、キーワードとのマッチしているのはかなり重要な要素です。

まず、キーワードを元に考えるポイントとしては

「なぜ、読者はそのキーワードで検索したのか?」

ということを考えることです。

例えば、「キーワード選定 コツ」などで記事を書こうと考えた場合、読者はなぜ「キーワード選定 コツ」というキーワードをキーワードで検索をしたのか?

こういうキーワードで検索してくる人というのは、基本的にうまくキーワード選定ができない人であったり、キーワード選定をしてもなかなかアクセスを集めることができない人であることが考えられます。

逆にこういった人に向けて、キーワード選定の応用の記事を書いても基本すらできていないので、まず理解することが難しいです。

なので、キーワード選定の基本的なところから、教えてあげてなおかつ、アクセスの集まりやすいキーワード選定をするにはどうすればいいのかを

明確に解説をしてあげます。

そうすることで、読者の悩みというのは無くなります。

逆に、例え上位表示できても読者の悩みを解決することができないと、読者はすぐに、あなたのブログから離脱してしまいます。

つまり、ここで確認することというのはキーワードに対して読者の悩みを解決できそうなコンテンツなのかということです。

「これは、ダメだな・・・・」

という、コンテンツがあればキーワードとコンテンツがマッチしていないということです。

2-3.記事タイトル

記事タイトルについてです。

記事タイトルで見るポイントは、キーワードが記事タイトルに全て含まれているかどうか。

例えば、先ほどの例で言えば「キーワード選定 コツ」。

このキーワードが、全て記事タイトルに含まれているかどうかを検索結果の1ページに表示されているかどうかを確認します。

基本的に記事タイトルに全てキーワードが入っていなければ、狙い目と言う判断ができます。

あとは、他のライバルチェックのポイントも含めて、基準に達しれば記事を書いていくと言う感じです。

2-4.記事数

続いて記事数についてです。

記事数というのはあくまで目安程度です。

キーワードによっては、3記事とかで上位表示してアクセスが3日で数千以上集めることもありますし、記事数が少なくてもコンテンツ次第で上位に来ることも現実的にあります。

「記事数はこれくらいの記事数を書けば上位に表示できるのか〜」

くらいで見ておきましょう。

あなたの作るコンテンツ次第で、そのサイトよりも上位に表示できる可能性はあるので。

2-5.上位に個人サイトが来ているか

全く上位に個人の運営しているサイトが上位に表示されていなくて、他のサイトがキーワードとマッチしたコンテンツの公式サイトや大手のサイトが上位を陣取っていれば確実に上位表示は厳しいので、他のキーワードを選ぶべきです。

ですが、先ほどまで解説したポイントをしっかりとクリアしていて、個人で運営しているブログが表示されていれば、コンテンツ次第であなたのブログを上位に表示することが可能になります。

良く言われていることは、無料ブログが上位に表示されていれば勝てる可能性があるということが、言われていますが実際に無料ブログでもしっかりとコンテンツを作り込んでいるサイトなら独自ドメインよりも上位に表示されるし、検索結果の1位に表示されることもあります。

なので、 「無料ブログが上位表示=上位表示できる」ということではないということ。

ここであなたに考えてもらいたことは、Googleはどんなブログを上位に表示させたいということかです。

Googleは先ほども言ったようにキーワードにマッチしたサイトを上位表示させます。

つまり、独自ドメインだろうと無料ブログだろうとキーワードにマッチしたコンテンツであればライバルチェック次第で上位表示させることは可能ということです。

ここまでが、トレンドアフィリエイトで必要なライバルチェックの項目です。

3.まとめ

今回はライバルチェックについて解説していきました。

  1. 公式サイト、大手サイトが上位に来ているか
  2. コンテンツの質
  3. 記事タイトル
  4. 記事数
  5. 個人サイトが上位に来ているか

この5つの項目でライバルチェックしてキーワードを選定していけばまず、アクセスが全然集まらないということはありません。

よく間違えている人は、とりあえず記事数ばかり書こうとする人です。

どんなに記事数を書いてもキーワードにマッチしたコンテンツ作成に力を入れなければ、アクセスは集まらずに終わってしまいます。

記事数が増えてブログが強くなる原理としては、多くのアクセスが集まり価値あるコンテンツを読者に提供することができて、滞在時間を伸ばすことができるのでブログが、どんどん強くなるのです。

なので、記事数が増えればブログが強くなるというのは大きな間違いであると言えます。

ということで、そのような間違いをせずに価値あるコンテンツを作っていきましょう。


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/fukuda20/searchmanrektingexpo.com/public_html/wp-content/themes/xeory_extension/lib/functions/bzb-functions.php on line 299

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください