Googleアドセンス

アドセンステスト機能を使って収益をアップ|クリック率を上げるコツ

福田です。

今回はGoogleアドセンスのテスト機能を使い、収益をアップさせる方法として、クリック率を上げるコツを解説していきます。

クリック率を上げるためには、「アドセンス広告の色とブログの色とをなじませておくこと」が大切です。

しかし、どのような色がサイトとマッチしているのかを把握するのは、少し難しいかもしれません。

そこで便利なのが、「テスト機能」です。

テスト機能を使えば、2パターンのカスタマイズした広告が交互に表示されるので、どちらがクリック率が高かったのかを計測することができます。

そして、小さな工夫をしていくことで、最終的には大きな収益の差につながっていくのです。

なので、テストを重ね、収益性が高い広告にカスタマイズすることをオススメします。

では、テスト機能の使い方について、次から解説していきますね。

1.グーグルアドセンスのテスト機能をフル活用していこう!

先ほど述べましたが、Googleアドセンスにはテスト機能がありテスト機能を使うことで、

  • RPM(インプレッション収益)が上がる 
  • ABテストのように、どちらが読者さんの反応がよかったか分かる

といったメリットがあります。

しかもテスト機能は設定が簡単なので、すぐに利用できるのです。

では、上記2つのメリットを順に説明していきます。

1-1.RPM(インプレッション収益)が上がる

インプレッション収益(RPM)とは、表示回数 1,000 回あたりの見積もり収益額を表します。インプレッション収益は実際の収益額ではありません。見積もり収益額をページビュー数、表示回数、またはクエリ数で割り、1,000 を掛けた値です。

計算方法:インプレッション収益=(見積もり収益額/広告表示回数)×1000

引用:AdSense ヘルプ

つまり、簡単に言うとインプレッション収益とは、1000PV当たりどれくらいの収益が発生するかという値になります

そして、テスト機能を使うと「どれがよりインプレッション収益が高くなるか」が分かるのです。

1-2.ABテストのように、どちらが読者さんの反応がよかったか分かる

ABテストとは、「ページの一部分に2パターン用意して、ある特定の期間、どちらがより効果の高い成果が出るのかを検証すること」です。

このABテストをGoogleアドセンスで試すことが可能であり、テスト機能を使えば、元の広告設定とテストパターンで分割されるため、掲載結果で比較できます。

なので、掲載結果のデータに基づいた広告の設定が可能となるのです。

そして、テストの例としては

  • どの色の広告文を使えば、広告の掲載結果に好影響を与えるかが把握できる
  • 広告の種類をテキスト広告専用にした時と、テキスト広告とディスプレイ広告の両方の場合との比較検証が可能

上記のことが挙げられます。

また、テストの作成方法は自分で作成するのと、最適化ページの最適化案から作成する方法があります。

慣れない方は最適化案から選べば簡単に設定できるので、どんどん試してみてください。

2.具体的なテストのやり方は?検証結果が出るまでは期間が必要

では次に、具体的なテストの方法について解説していきますね。

まずはアドセンスの管理画面にログインして、サイドバーの 「最適化」の「テスト」という手順で進んでいきます。

「新しいテストの作成」「広告ユニットの設定」

そうすれば「広告ユニットの設定のテスト」という画面になるので、テスト名と、テストしたい広告ユニットの名称を入れて、「テストの設定」の「テキスト広告のスタイル」を選択してください。

 

すると、オリジナルと、パターンという2つが出てくるので、 パターンの方に任意の設定をして、「自動的に優位なパターンを選択しますか?」 をチェックしたまま作成ボタンを押すと、テストが開始されます。

そうすると、ABテストのようなもので、どちらのテキスト広告の色がクリックされやすかったかを指標として測ってもらえるんですね。

そして、テストに十分なデータが得られたら、テストの画面に「お客様のテスト」という欄にデータが出ています。

採用するかどうかを決定して「テスト完了」という流れになります。

以上、具体的なテスト方法の解説でした。

そして、テストに要する時間ですが、アクセスの多いブログであれば数日で終わります。

ただ、アクセスが少ないブログの場合は数ヶ月かかることもあるので、アクセスがある程度集まってからにすると良いですね。

3.グーグルアドセンス広告は、どんなテキスト広告のカラーが反応がいい?

では、広告のカラーを何にしたら反応が良いのでしょうか。テキスト色の組み合わせで最適なのは、

  • サイトカラーに合わせる
  • 赤文字+黒文字を使う

といった方法がありますが、広告の文字や背景、リンクの色をサイトの配色と同じようにしておくと、サイトの違和感は軽減され、広告をクリックしてもらいやすくなります。

また、サイトカラーが淡い場合は、赤文字+黒文字を使うと目立つので、クリックされやすくなるでしょう。

これは、サイトカラーになじませるのと相反しますが、あえて目立させたい広告の場合に反対色を入れると有効な例です。

ただ、配置する場所やサイトカラー、出現する広告によっても変わってきます。

なので、長期間スパンでGoogleアドセンステストを使用し効果を検証する等、色々と試していくことがオススメです。

4.まとめ

今回は「Googleアドセンスのテスト機能を使って収益を上げる方法」を解説しました。

収益を上げるためにはクリック率を上げる必要があります。

クリック率を上げるコツとしては、アドセンス広告の色とブログの色とをなじませておくことです。

そして、Googleアドセンステスト機能を使うことで、

  • インプレッション収益が上がる
  • どっちの色が読者さんの反応が良いのかが分かる

といったメリットがあります。

つまり、Googleアドセンステスト機能を使い、分析し、広告を最適化することで収益があがるのです。

なので、Googleアドセンステストの設定は簡単ということもあり、やっておいて損はないと思います。

ぜひ積極的に活用してみてください。

低単価のクリック型広告に依存せず、高利益の完全自動化ビジネスで最短で月収100万円稼ぐノウハウを無料で公開中!

Googleアドセンスは集客するだけで、稼ぐことができるのでハードルが低いと言われています。

しかし、実は集客にしかフォーカスしないビジネスというのは、短期的にしか稼ぐことができない小手先のテクニックだと知っていましたか?

もちろん、月収5〜10万円くらいを稼ぐなら問題ありませんが、月収100万円をアドセンスだけで稼ぐのは至難の技です。

もしかしたら、アドセンスで稼いで実績を作ったら、すぐに情報発信で稼げるかと思っているかもしれませんが、アドセンスと情報発信は稼ぎ方が全く違うので、実績があるからといって簡単に稼げるものではありません。

そもそも情報発信というのは、商品を販売するスキルが必要なのです。

つまり、アドセンスと情報発信というのは全く畑違いだということ。

ですので、僕は最初からアドセンスアフィリエイトではなく、情報発信で自動化の仕組みを作ることをおすすめしています。

自動化の仕組みを作ることに興味が無ければ、アドセンスでもいいかと思いますが、最終的に自動化の仕組みを作るのであれば、実績がない状態から自動化の仕組みを作る方法を僕の無料メール講座でお伝えさせていただきます。

無料メール講座に参加することで下記の内容のプレゼントや学びを得ることができます。

 

・自動化の仕組みで毎月、月収100万円を稼ぐ仕組みの全貌マニュアル

・実績が一切なくても自動化の仕組みで自動収益を得る方法

・福田がたった3ヶ月で月収65万円稼ぐきっかけになった再現性抜群の文章術

・主婦でもネット上に自動収益発生の仕組みを作って毎月5〜10万円の不労所得を得る方法

・会社にバレることなく毎月20万円、30万円と口座残高を増やす副業

・国語で赤点ばかり取っていた底辺レベルの文章力でも文章で年収1700万円稼いだ方法

・月3回飛行機に乗って旅をしながらでも旅行中に日給30万円稼いだ事例

・パソコンの知識がGoogle検索しかできないド素人でもパソコン一台で年収1000万円稼ぐ手法

・お金を貯めれば貯めるほど貧乏になる理由とは?

・7年間最低賃金で働く男とたった1年努力するだけで時給が20倍になった男の明らかな違い

・福田が用意したテンプレート通りにメールを7通書いただけで370万円を稼いだクライアントの事例

 

ほんの一部、掲載できるものだけをピックアップしました。

無料メール講座本編では、もっと秘匿性の高い内容もたくさん出していきます。

現在、50万円以上お支払いただいて有料講座に参加している人にしか教えていない情報もコッソリ無料メール講座でお伝えしていますので、興味があれば登録してください。

また、上記のプレゼントやこの無料メール講座は、有料講座で話している内容も多数含まれているので、予告なく募集を終了する可能性があります。

ですので、募集している今のうちにプレゼントを受け取ってください。

下記のボタンをクリックして、

・「あなたのお名前」

・「メールアドレス」

を入力してご登録お願いします。

 



コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください