WordPressプラグイン

関連記事を表示するプラグイン|WordPress Related Postsの使い方と設定

 

福田です。

 

今回は、WordPressのプラグインで記事下に関連記事を表示させる方法を解説していきます。

 

僕は以前、関連記事をブログに表示させていなかったのですが、関連記事を表示させてすぐにPV数が2倍に伸びたという事例があります。

 

もちろん、ブログの構成や記事の書き方によってPV数が上がるかどうかは変わってきますが、少なからず効果のあるものなので、導入していない方には非常にオススメです。(プラグインでPV数が上がるのは超効率的ですね!)

 

PV数が上がるということは、Googleが重要視している「サイトの滞在時間」を伸ばすことができるということなので、SEO的に見ても有利な条件になります。

 

なぜ、PV数が上がるとサイトの滞在時間が伸びるのかというと、これは単純に考えればわかることなのですが、1記事だけを読んでサイトから離脱されるよりも2記事、3記事と読んでもらった方が、記事を読む時間が長くなりますよね?

 

つまり、1人あたりの記事を読んでもらう数が増えれば増えるほど、サイトの滞在時間が長くなるということなのです。なので、まずは簡単にPV数を伸ばすことができるプラグインの導入からしていきましょう。

 

WordPress Related Postsをインストールして記事下に関連記事を表示!

 

まず、プラグインを使うには、WordPress Relsted Postsをインストールしていく必要がありますので、管理画面から「プラグイン」にカーソルを合わせて「新規追加」をクリックしてください。

 

 

その後、検索窓に「WordPress Related Posts」と入力して検索をしてください。検索したら「今すぐインストール」をクリックします。

 

 

インストールができたら、「有効化」をクリックしてください。

 

 

これで、プラグインを使うことができるようになりました。次にWordPress Related Postsの設定をしていきます。

 

 

WordPress Related Postsの設定方法

 

設定といっても、特に難しい設定はありません。WordPressの管理画面から「設定」にカーソルを合わせて「WordPress Related Posts」をクリックします。

 

 

クリックすると、下記の表示なりますので、「Related Posts Title」にあなたの好きな言葉を入力してください。

 

  • 「関連記事」
  • 「おすすめ記事」
  • 「あなたにおすすめの記事」

 

など、記入した言葉が関連記事の部分に表示されます。

 

「Number of Posts」は、関連記事を何記事表示させるかの設定なので、あなたの好きな数を設定するといいですね。

 

 

入力が完了したら、「Save changes」をクリックすれば、設定が完了します。

 

 

以上が、関連記事を表示させるプラグインの導入方法の解説になります。

 

 

WordPress Related Postsで細かい設定する場合

 

WordPress Related Postsはさらに細かい設定をすることができます。もし、あまり強いこだわりがなければ、ここは飛ばしていただいても構いません。

 

 

Advanced Settingsの設定

 

「Advanced Settings」の右にある「▼」をクリック。

 

 

クリックすると、「▲」になり、詳細を設定することができるようになります。「Layout」は、サムネイル(画像)の幅を選択することができます。(好みで選んでOKです。)

 

 

 

Customizeの設定

 

さらにスクロールすると、「Customize」という表記がありますが、ここでは上記で設定した以外の細かい設定をすることができます。

 

  • Display Thumbnails For Related Posts:関連記事にサムネイル(画像)を表示
  • Display Number of Comments:コメントの数を表示
  • Display Publish Date」投稿日を表示
  • Display Post Excerpt 200 Maximum Number of Characters.:記事の抜粋部分を200文字表示
  • Display Post Categories:生地のカテゴリーを表示
  • Enable custom CSS:CSSを有効

 

という感じで、設定をすることができますが、ここは好みの問題なので、色々試してみるといいかと思います。ただし、サムネイルは表示させていた方がいいので、チェックを入れておきましょう。

 

それ以外は、好みでチェックを入れてくださいね。

 

さらに、下の「Default thumbnails」は、記事でサムネイルの設定をしていない場合、関連記事に表示されるサムネイルの画像を予め選ぶことができる設定になりますので、最初のうちに設定をしておくと良いと思います。

 

「Default thumbnails」の画像を設定するには、「ファイルを選択」をクリックしてあなたのPCからサムネイルとなる画像を設定できます。

 

また、「Custom size thumbnails」にチェックを入れると、サムネイルの横幅と縦幅の設定が可能です。

 

 

サムネイルのサイズをあなたが設定する場合は、一番下の「Custom size thumbnails」にチェックを入れると、下記のような表示なりますので、サムネイルのサイズを設定してください。

 

 

 

Other Settingsの設定

 

さらに、下にスクロールをすると「Other Settings」という設定がありますが、この中の「Exclude these Categories」とは、関連記事に表示する記事で、表示したくない記事があれば、チェックを入れると表示されないようにできます。

 

 

そして、その下にあるチェック項目は、

 

  • Auto Insert Related Posts (or add <?php wp_related_posts()?> to your single post template):関連記事を自動で挿入する
  • Display Related Posts in Feed:RSSフィードにも関連記事を表示する
  • Support us (show our minimized logo):WordPress Related Postsのロゴを表示する

 

という設定になります。なので、個人的には、一番上の項目にチェックを入れれば良いと思います。

 

 

以上が、WordPress Related Postsの設定になります。関連記事を記事下に表示させるだけでも、サイトの巡回率もかなり上がる可能性が高くなるので、ぜひ導入をしてみてください。

 

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください