起業

自由に生きる仕事と職場とは?経験者が語る自由な人生を手に入れる方法

自由な人生を手に入れる方法

福田です。

今回は「自由に生きる仕事と職業」をテーマにしていきます。

世の中には沢山の仕事と職業がありますね。僕の「コンサル企画」の生徒さんの中にも様々な職業の方がいます。

色々話を聞いても本当に色んな仕事があるんだないつも思います。そして、僕も多くのビジネスや仕事がある中で僕もインターネットを使って「起業」をしました。

僕はプロフィールにも書いていますが、

「仕事の為の人生」

ではなく、

「人生を楽しむ為の仕事にしたい」

という理念の元、僕はビジネスの講座などを行なっています。

というのも、僕自身、元々は美容師として働いており、仕事のための人生になっていた時期があります。

しかし、そうやって仕事のための人生を生きていることに対して、いつしか本当に正しいのか「疑問」や「不安」を感じるようになりました。

もちろん、美容師という仕事は好きでしたし、大変な環境だということも最初から知っていました。

しかし、一方で「時間もない」し「お金もない」人生を送っていても、一生自分がやりたいことなんてできないと思ったのです。

そこで今回は、仕事に縛られない自由な人生を送るために、「自由に生きる為の仕事と職業」について解説していきます。

1.完全自由に生きるために必要な3つの壁

自由に生きる仕事と職場

「自由」と言っても人それぞれの解釈ありますが、今回は僕が思う自由に対しての「定義」や「僕の考え方」を中心として今回は話をしていきます。

僕も今では、インターネットを使って、一般的に言われている「自由な人生」をある程度手に入れることができているので、少しでもあなたが自由な人生を手に入れるための情報の1つになれば幸いです。

今回僕が解説していく自由とは、

  • 経済的自由
  • 時間的自由
  • 精神的自由

この3つに分けて「定義」をしていますので、1つ1つ解説をしていきますね。

1-1.完全自由に生きるために必要な3つの壁その1:経済的自由

あなたは「経済的自由」と聞いて何をイメージしますか?

  • 好きなものを好きな時に買える
  • 好きなものを好きな時に食べれる
  • 何かを買う時にいちいち値段を気にする必要がない
  • 何を買うにも我慢する必要がない

とこのように、「経済的な自由」を得ることで、一般的に言われている「ストレス」は基本的に感じにくくなります。

もちろん、お金だけを稼いでも完全な自由を手に入れることはできません。

ですが、人生のほとんどはお金が絡んでくるので、お金は綺麗事抜きにして必要なものです。

実際に僕もネットビジネスでお金を稼ぐ前は、

  • 「いつかは裕福になりたい!」
  • 「年収1,000万稼ぎたい!」

という「淡い希望」を抱いてました。

しかし、実際に一般的には裕福と言われている金額を稼いだり年収1,000万円を超えてみると、確かに生活でのストレスはなくなるけど、思っていたものとは違いました。

現実的には、年収1,000万稼いでいても、一軒家やマンション、高級車を一括で買うのは難しいです。

それに、ローンや貯金して購入となると本当の意味での「経済的自由」ではありません。(税金でがっぽり持っていかれますから・・・。)

なので、僕も「まだまだ」だなと思うところはありますが、経済的に年収1,000万円くらいでも自由度をあげる方法はあります。お金が全てではありませんからね。

その方法というのが、先ほど挙げた「時間的自由」と「精神的自由」を手に入れることです。順に解説していきますね。

1-2.完全自由に生きるために必要な3つの壁その2:時間的自由

「時間的自由」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?

時間的自由とは、時間に拘束されることが一切ない自由なので、

  • 会社に定時出社、退社する必要がない
  • 残業や休みがない
  • 好きな時間に起きて、好きな時間に寝れる
  • 好きな時に旅行にもいけるし、いつ帰ってもいいから〇泊〇日などの概念がない
  • 他人が働いているときに遊べる

僕は時間的な自由を手に入れる前は、上記のようなことを考えていました。

しかし、多くの人の現実は、会社員なら週5日「朝から晩まで働く」というのが世間一般の常識ですし、長時間労働や夜勤勤務で働いている人もいれば、土日、祝日に働いているサービス業の方もいます。

僕の場合は、美容師という仕事柄、休みの日は非常に少なく週休1日でした。

なので、自由な時間とは程遠い生活を送っていたのです。

そんな、経緯もあり自由な時間を手に入れることへの憧れを抱いていました。

まあ、僕の個人的な意見ですが、

「会社に勤める=自分の時間を提供している」

ということになるので、「時間的自由」がないのは当たり前といえば当たり前なのですが・・・。

世の中にある会社での労働のほとんどは、時間を提供して決められた時給でお金をいただいています。

なので、会社に務めるということは、自由な時間なんていりませんと間接的に伝えているようなもの。

もちろん、これは僕らは悪くありません。

国や社会が時間を対価として、時給で働くのが当たり前という価値観を刷り込まれてきたのが原因です。

しかし、本当に自由な人生を手に入れたいのであれば、

  • 会社で働くのが当たり前
  • 時給でお金をもらうのが当たり前
  • 労働しないとお金がもらえないのは当たり前

というような常識を疑うことです。

僕も上記の一般的には常識と言われていることを疑ったことによって、起業をして今では、自由な時間を手に入れることができています。

自由な時間(人生)を手に入れるための無料メール講座も行なっていますので、興味がありましたら、ご登録ください。

福田の無料メール講座はこちら

1-3.完全自由に生きるために必要な3つの壁その3:精神的自由

次に精神的な自由について話をしていきたいと思います。

精神的自由とは「ストレスフリー」のことです。

会社に勤めている以上、どんな仕事でも外部ストレス、内部ストレスに悩まされます。

働いていてストレスを感じたことがない、と自信を持って言える人は限りなく“0”に近いと思います。

  • 毎月のノルマに追われる
  • 会社の定例会議ではいつも討議ではなく上司に一方的に怒られる
  • 会社でパワハラ、セクハラが絶えない
  • 毎朝の通勤ラッシュに物凄いストレスを感じる
  • 「会社に行きたくない」と考えすぎて病んで(鬱になる)しまった

もしかしたら、この記事を見ている方の中には、このようなストレスを感じているかもしれません・・・。

僕は、駅のホームや電車の中でぐったりと疲れきったサラリーマンをよく見ます。

もちろん、それが悪いとかではないですし、そのような社会に貢献をしていて努力をしている人がいないと世の中は回りません。

しかし、そんなに頑張って会社に貢献をしているのに、その努力に対しての給料が見合っていない場合がほとんどです。

休んだ分の給料はもらえませんしね・・・。

また、服装や身だしなみなどが「自由な職場」も少ないです。

飲食店などでは髪の毛が出ないように帽子をしっかりかぶり、エプロンなどを着用します。

コンビニやサービス業では、そのお店の仕事着を着なければいけません。

女性では髪色や髪型、ネイル、化粧、ピアスなど好きにできない職場も多いです。男性でもヒゲ、長髪などはNGなところが多いと思います。

当然ですが働く以上、働く職場に適した服装や身だしなみをしなければいけません。

ですが、起業は一切関係ありません。

自分で何もかも決めて仕事をすることができますし、価値観の合う仲間だけとビジネスをすることができます。

その結果、ストレスなく仕事ができるようになりますし、今、僕は価値観の合う仲間だけと仕事をしているので、基本的にストレスを感じることはありません。

僕の場合は、 “ビジネスセンスのカケラもない状態”からネットビジネスを始めています。

なので、ビジネスで成果を出すのにセンスなんて一切なくても努力だけで年収1000万円くらいは稼ぐことができると思っています。

しかも、その年収1000万円は、自分の価値観の合う人とビジネスをして得ることができるのです。

つまり、これが起業をするということです。

もし、人生を変えていきたいという思いや精神的な自由を得ていきたいのであれば、「起業」を視野に入れていくといいと思います。(世の中には、低リスクのビジネスもたくさんあるので。)

「完全自由に生きるために必要な3つの壁」のまとめ

  • お金が全てではないが経済的自由は必要
  • 時間的自由を手に入れるには既存の常識を疑う必要がある
  • 起業は服装や時間も自由なので精神的な自由を手に入れられる

2.経済的にも時間的にも自由を手に入れて初めて健康に意識を向けることができる

自由な人生を手に入れることで健康にも気を遣える

多くの人は、健康な身体でいたいと思っていますが、なかなか健康に気を使うことができません。

それもそのはずで、本当に健康になりたいなら、お金もかかりますし、それなりに時間もかける必要があります。

例えば、無添加の食材を買うにしても、普通にスーパーに売られている食材の数倍の金額します。

また、健康を維持するために、運動をしようと思っても、1日1〜2時間の時間が必要です。

つまり、健康に気を使うには、お金も時間もかかるということになります。

だからこそ、少なくとも健康に気を使うには、時間的にも経済的にも自由にならなければいけないのです。

それに、人間は身体が資本ですから、不健康では充実した生活を送れません。

  • 運転手は長時間同じ姿勢でいるため身体にも負担が強い
  • 夜勤勤務だと昼夜逆転
  • 寝るのは机の上と話す、システムエンジニア
  • 一ヶ月休みもなく、毎日昼過ぎから早朝まで働く居酒屋店長

僕も美容師をしていて身体を壊したことがあります。

朝早くに出勤し、夜仕事が終わったらカットの練習して、気づけば夜中になるのは普通です。

それから疲れが出たせいか、数ヶ月後、僕は身体を壊してしまい、美容師を続けられなくなりました。

長時間労働や、肉体的にしんどい仕事をしている人は、将来的に身体を壊してしまう可能性があります。そういったリスクも踏まえると、やっぱり自分で稼ぐ力を身につけて、好きな時に働くスタイルが理想的です。

2-1.数字ばかりを見てはいけない

ビジネスをやっていると、 売上や利益といった「数字」ばかりを意識してしまう場合が多いのですが、そういった数字に意識を向けるよりも健康などの目に見えない「無形のもの」に焦点を当てる方がよっぽど大事です。

そもそも、作業をするにも集中してやる場合と集中してない場合とではパフォーマンスが明らかに異なります。

自分の健康状態が悪い時に作業をしても、全く作業に集中できませんので、高いパフォーマンスを発揮することができないわけです。

先ほども触れましたが、身体は資本です。

身体は資本であるからこそ、健康状態は常に良好に保っていなければなりません。

成功者と呼ばれる人たちは、常に自分の健康状態に気を遣い、いつでも最高のパフォーマンスを発揮できるように調整しています。

日によって作業の質が変わるようでは長期的に結果を出していくのも難しいので、必ず自分の健康には注意を払っておく必要がありますね。

「健康に意識を向ける」のまとめ

  • 身体が資本だからこそ、健康には気を遣う必要がある
  • 健康に気を遣うには時間的にも経済的にも自由になるべき
  • 売上や利益などの数字よりも、健康などの無形のものにフォーカスすべき

3.自由に生きることができる仕事、職業ってどんな仕事?

自由な人生を手に入れることができる仕事

先ほどは、自由についてお伝えしていきましたが、では、一体、どんな仕事や職業をすれば、自由を得られるのか解説していきます。

しかしながら、自由と言っても先ほどから解説をしているように、様々な自由があります。

ですが、どの自由が欠けても人生レベルで見たときの自由は手に入りません。

そして、世の中には、

  1. 経済的に自由になれる仕事 
  2. 経済的、時間的、精神的に自由になれる仕事

この2種類の仕事がありますが、一般的に言われている自由になれる仕事は、「1」の経済的に自由になれる仕事の場合がほとんどです。

というのも、日本人は“働くことに正義”を感じるように教育をされています。

なので、時間的な自由を得つつ、お金を稼ぐことに対して罪悪感を感じてしまうのです。

その結果、お金は稼げているのに、お金を使う時間がないくらい忙しくなります。

もちろん、そういう人生に満足しているのであれば、素晴らしいことです。

しかし、そういうお金はあるのに、時間がない人生に対して、どこか違和感を感じているのであれば、それは改善が必要になります。

一般的には、お金を稼ぐことができる仕事の中に、下記のような仕事が含まれます。

  • 企業の社長
  • 政治家
  • 医者
  • 命に関わる仕事
  • プロのスポーツ選手

などが挙げられます。

確かに経済的自由になれば、ある程度の問題は解決できます。

しかし、多くの社長は会社員と同じように、せっせと働いている人が多いですし、政治家も毎日ゴルフ三昧とはいきません。

医者も寝る間も惜しんで働いている人もいます。

つまり、上記のような職業は、ある程度「経済的自由」になっても、自分の時間が全くなくなったり、責任感が強い仕事ばかりで精神的、肉体的に休まることがなかったりします。(もちろん、上記の仕事は素晴らしい職業だと思います。)

しかし、本当に自由な人生を送っていきたいと願っているのであれば、上記のような仕事はおすすめできません。上記の仕事では、「達成感」や「社会への貢献感」は得ることはできますが、自由にはなれません。

では、本当に自由な人生を手に入れることができる職業や業種とは何なのか?を解説していきます。

4.自由な人生を手に入れて、自由に生きることができる仕事

自由な人生を手にれる方法

自由な人生とは先ほど、

  • 経済的な自由
  • 時間的な自由
  • 精神的な自由

と定義しましたが、現在、僕は、上記のような3つの自由をある程度、手に入れることができています。

では、そんな「自由な人生」を手に入れるために何をしたかというと、ネットビジネスで起業しました。

とは言っても、いきなりネットビジネスだけで食べることはできないので、美容師をやりながら最初はネットビジネスに取り組みました。

美容師時代は、朝9時に出勤し、家に帰るのは午前1時です。

それでも1日2〜3時間は確保して、眠たい目をこすりながら、作業をしていたのを今でも覚えています。

休みの日は家から一歩も出ることなく一日中作業してましたからね・・・。(カフェにこもって1日中作業する日もありました。)

その結果、

  • 起業をして、インターネット上に自動で収益を発生させる仕組みを作り何もしなくても収入が上がる
  • 現在20代前半で、上記の仕組みで収入が月収200万円を継続的に稼ぐ
  • 好きなヴィンテージの服をあまり値段を気にせず購入できるようになった
  • カフェでのんびりしながら仕事をする
  • 1日、1~2時間程度の労働
  • 従業員0でストレスフリー
  • 飲み会に呼ばれてそのためだけに東京に行く

などなど、、、。

ネットビジネスで成果を出すことができるようになってから、人生がガラリと変わりました。

しかし、起業して月100万、200万と聞くと、

  • 「なんだか難しいことをしてそう」
  • 「頭が良くないとできない」

あなたは思うかもしれません。

しかし、ネットビジネスに取り組んで稼ぐにあたり「学歴」や「才能」は一切関係ないです。

僕自身、学生時代は全く勉強ができませんでした。

毎回のテストで赤点5つ程度でしたし、僕より学歴ある人なんて世の中沢には沢山います。

しかも、ネットビジネスを始めるまでパソコンすらもってなかったくらい機械に対して情弱だったのです。

そんな「ビジネスど素人(パソコンど素人)」でも、きちんと必要な努力をすれば、ネットビジネスなら、たった1年で人生が変わります。

ネットビジネスについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

ネットビジネスの中でも僕がおすすめしているのは、アフィリエイトというビジネスモデルになります。

アフィリエイトとは、簡単に言うと商品を自分のブログやメルマガ、SNSで紹介して、それを読者の方が購入してくれたら報酬が入るという仕組みです。

おすすめしている理由としては、

  • 初期投資がかからない
  • 在庫を持たない
  • 利益率が高い
  • 仕組みを自動化できる

アフィリエイトがこの4つに当てはまるからです。

かかる費用は月数千円ですし、売れなかったとしても何百万の在庫を抱えたり、借金をするわけではありません。

リアルビジネスでは初期費用で何千万と費用がかかりますが、ネットビジネスは数千円から始めれるので低リスクで取り組めます。

なので、ネットビジネスの中でも「アフィリエイト」をおすすめしています。

「自由に生きることができる仕事」のまとめ

  • 自由に生きることができる仕事で最適なのはネットビジネス
  • ネットビジネスは学歴や才能は一切関係がなく結果を出せる
  • 初期費用がかからないので、手軽に実践することができる

まとめ

さて、今回は自由な人生を手に入れる方法についてネットビジネスを例に挙げてみました。

壊滅的なスキルしかなかった僕でも人生を変えることができたのがネットビジネスです。

ビジネスと聞くと難しいイメージがあると思いますが、実際は「シンプル」な仕組みになります。

そんなネットビジネスで人生を変えるための方法をステップバイステップで僕の無料メール講座で教えています。

興味があれば登録してみてください。(いつでも解除は可能です。)

福田の無料メール講座はこちら

 

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください