アドセンスアフィリエイト

トレンドアフィリエイトで安定して月収10万円稼ぐ方法

福田です。

今回は「トレンドアフィリエイトで安定して稼ぐ方法を徹底解説」というテーマで解説していきます。

トレンドアフィリエイトは一般的に労働収入だと言われており、ちょっとした検索エンジンの仕様変更などで稼げなくなると思われています。

だから、トレンドアフィリエイトは安定して稼ぐことはできないという声が一部では上がっているわけです。

しかし、トレンドアフィリエイトはやり方次第では安定的に稼いでいくことが可能です。

そこで、今回はトレンドアフィリエイトで安定的に稼いでいく方法についてお伝えしたいと思います。

1.トレンドアフィリエイトで安定して稼ぐ方法の概要

トレンドアフィリエイトが流行り始めた頃っていうのは、今とは多少違って、ニュースの記事を書けばアクセスが集まって稼ぐことができると言われていました。

これは間違いではなく、実際に500文字程度の記事を量産していただけで、月収数十万円以上稼ぐ実践者が大量発生したのは確かです。

しかし、現在は昔と同じような思考を持っていても初心者でも稼ぎやすいと言われているトレンドアフィリエイトでも到底稼ぐことは到底できません。

なぜなら、根本的に「お金を稼ぐ」と言う意味がわかっていないからです。

一昔前は参入者が少なかったので意識する必要はありませんでしたが、参入者が増えた今では「お金を稼ぐ」本質を理解できていない人は稼ぐことができなくて挫折していきます。

本質を理解していないから、

  • 「ノウハウ通りにやっているのに・・・」
  • 「全然成果出ない・・・」
  • 「もう無理だ・・・」

ってなるんですよ。

つまり、今後もトレンドアフィリエイトで稼ぐためでしたら、「お金を稼ぐのがどういうことなのか?」を理解する必要があるのです。

1-1.お金を稼ぐということはどういうことなのか?

お金を稼ぐというのは、ずばり「価値」を提供することです。

なので、価値提供ができていないブログは絶対に稼ぐことはできません。

ただ、

「価値提供って何?おいしいの?」

とあなたは思うかも知れないので具体的に解説していきます。

まず、ブログを運営するということは「情報発信をすること」と同義です

で、この情報に読者が価値を感じてくれるかどうかで稼ぐことが「できるか」「できないか」が分かれるわけです。

ここで、

「じゃあ、どうすれば読者は価値を感じてくれるの?」

という話になってくるわけですがそれは、あなたの情報が

  • 役に立った!
  • 参考になった!
  • 悩みが解決した!

と思ってもらえたときです。単純に考えるとこの3つの要素しかありません。

でも、既存のトレンドアフィリエイトのノウハウではこの価値を与えるということが、具体的に解説されているノウハウは非常に少ないです。

なので、もう少し掘り下げた内容を話していきたいと思います。

まず、一番意識しなければならないのは、 読者の気持ちを考えることです。

どういうことかというと、例えば、巷の教材では主に芸能ニュースでの解説が多いわけですが、ただ芸能ニュースをリライトしてもダメだということです。

リライトというのは、簡単に説明すると元の文章を崩さずに自分の言葉に変えていくテクニックですが、要は、内容は同じだけど表現の仕方が変わっているということになります。

しかし、これでは読者に価値を提供することができないのです。

1-2.リライトでは稼げない理由について

まあ、ここで多くの場合、

「いやいや、自分の言葉で表現しているなら良いでしょ!」

って思うのが普通なんですが、これではトレンドアフィリエイトで安定して稼いでいくことが難しくなります。

なぜなら、たとえリライトして自分の言葉で記事を作ったとしても、内容自体がすでに読者は知っているからです。

基本的に読者はニュース記事に書いている内容をすでに知っているから検索してくるわけです。

つまり、リライトを採用したと仮定した場合、

「ニュース記事をただリライトするだけ」

↓ ↓

「アクセスが集まる」

↓ ↓

「読者は内容を知っているから画面を閉じられる」

↓ ↓

「滞在時間が短くなる」

↓ ↓

「Googleが価値がないサイトだと判断する」

↓ ↓

「ブログが圏外に飛ばされる」

という最悪の流れになってしまうので、リライトだけの記事では読者に価値を与えることができないのです。

そもそも、ニュース記事と表現は変わっているけど、内容的に見ると全く同じ内容だったら読んでても全然面白くないですよね?

つまり、ここで重要なのは同じ内容を伝えるのではなくて、そのニュース記事を読んだ読者はどんな事を知りたいのかを考えることです。

そして、その先の情報を記事にしてあげることで、

  • 「この人のブログ参考になる!」
  • 「なるほど〜、解決した!」

って思ってもらえるんですよ。

例えば、Aという女優が一般人と結婚の報道をしたときにこの記事を読んでいる読者は何を知りたいと思いますか?

読者が知りたいこととしては、

  • 「一般人ってなんの仕事をしている人だろう?」
  • 「相手は何歳だろう?」
  • 「どんな顔しているんだろう?」
  • 「いつから交際していたのかな〜?」

などなど、色々と考えることができます。

こういったニュース記事には書かれていない情報を読者に与えることによって多くのアクセスが集まって稼ぐことができます。

なので、結論をいうとお金を稼ぐのであれば、「価値を提供する」ということが必須であり、ここに焦点を当てる必要があるというわけです。

「トレンドアフィリエイトで安定して稼ぐ方法の概要」のまとめ

  • お金を稼ぐ本質は価値提供にある
  • トレンドアフィリエイトでは読者の気持ちを考えるのが最優先
  • リライトでは安定的に稼ぎ続けることはできない

2.トレンドアフィリエイトで安定して稼ぐためには滞在時間を重視する

トレンドアフィリエイトで安定して稼ぐための要素として、先ほどは「読者の気持ちを考える」ということをお話しましたが、ブログに焦点を当てた場合に必要になってくるのが「滞在時間」です。

Googleが滞在時間を重視する理由は、

「滞在時間が長いサイト=価値があるサイト」

と判断するアルゴリズムが備わっているからです。

まず、Googleの理念として、

「価値のあるサイトを上位表示させる」

という考えがありますが、滞在時間が長いということは読者の役に立ち、じっくりと読みたいと思わせる絶対的な要素があります。

じっくりと読みたいと思わせることができなければ、読者が1つのブログに長く滞在することはないのです。

少し考えてもらいたいのですが、あなたが気になることに対して検索したときにその悩みを解決してくれたサイトの他に記事とか見たりしませんか?

例えば、あなたが、

  • 「このサイトで悩みが解決した〜!」
  • 「他にも参考になる記事ないかな〜?」

という感じでブログを徘徊した経験って一度や二度ではないと思います。

実際、僕はかなりありますし、大抵悩みを解決してくれるサイトっていうのは他でも参考になる記事や面白い記事があるもんです。

つまり、こういった読者の思考がサイトを評価する価値基準に直結するということです。

だから、滞在時間と価値のあるサイトっていうのはかなり密接な関係にあることになります。

読者への価値提供はアフィリエイトの本質的な部分です。

下記の記事でも書いているので参考までにどうぞ。

アフィリエイトとは?本質的な部分のお話をします。

そもそも、全く参考にならない記事やすでに知っているような内容の記事を書かれても価値を感じることはないし、長く滞在することはありません。これは先ほどもお伝えした内容ではあります。

つまり、滞在時間の短いサイトは、Googleから価値のないサイトだと判断されるのです。

なので、それだけ滞在時間っていうのは情報やサイトの価値と関係しているため、小手先のSEO対策よりも力を入れるべきなんですよ。

だから、トレンドアフィリエイトをするにしても読者目線で物事を考える必要があるのです。

具体的に言えば、

  • 読者は何を知りたいのか?
  • 読者は何に悩んでいるのか?
  • 読者はなぜそのキーワードで検索するのか?

これらを考えるだけでも他の実践者とも圧倒的な差をつくることができます。

大事なのは、独りよがりな主観的な記事を書いてはいけないということです。

つまり、

  • 自分が稼ぐため
  • 自分が書きたいように書く
  • 自分の考えを押し付ける

こういった思いで記事を書くのは最悪であり、絶対にこれでは読者はあなたのブログに価値を感じてくれません。

価値を感じてくれないということは、必然的に長くサイトに滞在してくれることはないのです。

つまり、あなたが読者の滞在時間を伸ばすためにすることは、

「読者への価値提供」

であり、読者の悩みを解決する記事を真摯に書いていくのが重要になります。

あとは、どれだけこの価値提供を意識できるかで、あなたの書く記事の質は必然的に上がり、その記事を読んだ読者は価値を感じて他の記事も読んでくれるようになります。

読者の価値提供を意識した後に、ようやく小手先の内部リンクであったり、外部リンクの強化に目を向けられます。

先に内部リンクとか強化しても結局、今読んでいる記事に価値を感じることがなければ他の記事に誘導しても読者は思うような行動をしてくれることはありませんよってことです。

「滞在時間を重視する」のまとめ

  • 滞在時間が長いサイトをGoogleは価値あるサイトだと判断する
  • 独りよがりな主観的な記事を書いても滞在時間は伸びない
  • 読者の価値提供を後に小手先のテクニックに目を向ける

3.トレンドアフィリエイトで上位表示するための思考法

では、ここまででトレンドアフィリエイトで安定して稼ぐ方法について解説しました。

さらに、そもそも論として言えるのは、トレンドアフィリエイトで稼ぐためには「記事を上位表示させる」ことがとても重要になってきます。

記事を上位表示させないとアクセスを引っ張ってくることができないので、トレンドアフィリエイトを実践していく場合には必須と言えます。

しかし、

「トレンドアフィリエイトをやってるけど、上位表示できるネタが見つからない・・・。」

と悩みを抱えている方も少なくないと思います。

僕もアフィリエイトを始めた当時は、このような考えをもっていたんですが、結論から言うと単純にリサーチしたらネタは無限に見つかります。

要は、ネタ探しをしてネタが見つからないというのは、単純にリサーチ不足という可能性が非常に高いです。

やっぱり、最初の頃っていうのは、どうしてもネタ探しに苦労するものですが、ネタというのは先ほども言ったようにリサーチすればいくらでも見つかるので、今回はその一部を紹介します。

3-1.トレンドアフィリエイトのネタ探しの方法

それでは、トレンドアフィリエイトのネタ選定を解説していきます。

例えば、王道的な手法として挙げることができるのがYahoo!JAPANのニュース記事です。

Yahoo!JAPAN

これはかなり王道的な手法で、トレンドアフィリエイトの教材なんかでほぼ確実に説明されているネタ探しの方法です。

つまり、この方法はそれだけライバルが存在しており、強いライバルもうじゃうじゃいるということです。

だから、トレンドアフィリエイトを始めたばかりのブログがまだ育っていない状態であれば、確実に上位表示できません。

もちろん、質の高い記事を量産すれば、十分に上位表示できるようになります。

しかし、トレンドアフィリエイトで稼ぐコツを掴んでいない場合に、いきなりライバルが無数にいる場所に突っ込んでいっても玉砕するのが目に見えています。

そもそも、トレンドアフィリエイトを実践していて、Yahoo!ニュースしかネタ収集場所がないという方も多くいますが、それだとネタの幅が狭いので、どうしてもライバルと競合してしまいます。

しかし、Yahoo!ニュース以外にもネタ収集場所は探せばたくさんあるのです。

例えば、テレビ番組の中で取り上げられた話題がトレンドになったり、雑誌の記事が話題になったりとかあるわけです。

こういった情報の仕入れ先を持っているだけで他のトレンドアフィリエイト実践者との差別化を計ることもできるし、1つの競争の激しい情報の仕入れ先に依存することもないです。

つまり、

「ネタがないならネタを探す」

というのが基本中の基本です。

Yahoo!がダメならYahoo!以外から探すしかないですよね?

「Yahoo!のネタでは上位表示できない→諦める」

ではなく、

「Yahoo!のネタは上位表示できない→他からネタを持ってくる」

これをできるかできないかで、稼げるか稼げないかが分かれてきますし、きちんとトレンドアフィリエイトで稼げている人は、自分の情報収集先を確保しています。

ネットビジネス全般で言えることですが、1つのことに依存しても何も良い事はないし、全体を見ることができなくて視野が狭くなりがちです。

自分が買った教材・学んだノウハウでは、Yahoo!JAPANと言われているからYahoo!JAPANからしかネタを集めないではジリ貧です。

そうではなくて

  • 他にもネタになる物はないのか?
  • どんなことが話題になっているのか?

という具合に、常にアンテナを張る事で思いもしなかったところからアイディアが浮かんだり情報が飛び込んだりするもんです。

そもそも、何も考えていない状態からは何も生まれません。

つまり、ある日突然ひらめいたとかは絶対にあり得ない話で、常にアンテナを張っているから見える視点というのもあるし、ノウハウ1つとってもそうです。

例えば、ただ漠然と新しいノウハウを見るのと、今の実践しているノウハウに使えることがないのかと思考し続けている人でしたら、断然後者の方が吸収できることも多いし、新しいノウハウを作ることができます。

要は、1つに依存しないでどれだけ水平展開して物事を捉えることができるかが重要だということです。

もちろん、言われたことをそのまま実践するのは、非常に大切なことではあるのですが、

「あの人がこう言ったからこれしかやらない。」

と意固地になってしまったら、臨機応変な対応ができずに、チャンスを逃し続けることになってしまいます。

例えば、会社に勤めている人であればわかると思いますが

「先輩が◯◯って言ったから◯◯しかしていません。」

完全上司に怒られますよね?

こんなことを上司に言おうもんなら、

「お前の頭で考えろ!!」

と怒鳴られる可能性が高いです。

だから、もっと自由に発想するべきなんですよ。ノウハウなんてものはあくまで、成功の一例でしかありません。

ノウハウをそっくりそのまま、マネをするのではなくてノウハウの重要な骨組みの部分をモデリングするのが大切だということです。

骨組みというのは、戦略であったり、どういう意図で行っているのか。要するにフレームワークの部分です。

トレンドアフィリエイトであれば、結局アクセスをたくさん集めることができればネタなんてどこから持ってきてもいいわけです。

例えば、

  • 週刊雑誌
  • 女性ファッション誌
  • 他のニュースサイト(ライブドアとかモバゲーとか・・・)
  • テレビの話題になりそうなこと

など、いくらでもありますよね?

単純にこうやって考えていけば、記事ネタっていうのは無限に発掘していけます。

上位表示できるネタというのはそこら中に転がっているので、視野を広くしていくのが大切です。

「上位表示するための思考法」のまとめ

  • ネタが中々見つからない時は大抵がリサーチ不足
  • Yahoo!ニュース以外にもネタ収集場所は無限にある
  • 1つに依存しないでどれだけ水平展開して物事を捉えることができるかが重要

4.トレンドアフィリエイトの限界とは?

限界

さて、トレンドアフィリエイトで安定して稼ぐ方法について詳しく解説してきたので、もうここまで読まれた方であれば、今後も長期に渡って結果を出していくための思考はバッチリです。

ただ、今回の見出しを見て、

「え、安定した稼ぐ方法を紹介しておいてトレンドアフィリエイトの限界って・・・」

とあなたは思ったかも知れませんね。

ですが、どんなことでも表と裏がありメリット、デメリットというのが必ず存在します。

そのメリット、デメリットを理解して取り組んでこそ、ビジネスは深く理解できるのです。

表面上の話しだけをしていても全く意味がありませんし、あなたの利益に繋がりません。

なぜ、このように僕が不利益になるようなことをベラベラと話しているのかというと、

「本質的な部分を知ってもらいたいから」

です。

事実、多くの情報発信者というのは、自分の利益だけに目がくれているので、あまり自分が不利益になるようなことは言いません。

ですが、それでは僕のメール・ブログ講座で本気で取り組んでいるあなたに失礼なのでこのような形でトレンドアフィリエイトのデメリットを話そうと思ったわけです。

今回、お話するデメリットを深く理解して、トレンドアフィリエイトを実践するかしないかを選択していただければと思います。

4-1.トレンドアフィリエイトのデメリット

トレンドアフィリエイトの限界(デメリット)というのは 「稼ぐことができる金額」についてです。

初心者にも取り組みやすくて成果も出しやすいのがトレンドアフィリエイトの魅力なんですが、実際にこの手法で稼ぐことができても、せいぜい10万円〜20万円ほど。

もちろん、100万円以上を稼ぐ実践者もいるのですが、労力が掛かりすぎるので効率的とは言い難いです。

そして、さらにデメリットを挙げるなら 「毎日記事を更新する必要がある」ということです。

トレンドアフィリエイトは労働収入なので、記事を頻繁に更新する必要があります。

つまり、更新頻度が減れば収入も比例してどんどん減っていってしまうのです。

だから、トレンドアフィリエイトをやる以外にも、もっと効率的で長期的に稼げる手法にも取り組むべきだと言えます。

そこで、ここからはトレンドアフィリエイト以外で取り組みやすく、稼げる戦略についてご紹介したいと思います。

4-2.特化型ブログ

まず、最初にご紹介するのが 「特化型ブログ」の運営です。

特化型ブログというのは、何かのジャンルに特化したブログのことです。きっとあなたも一度は見た事があるはず。

例えば、AKB48のファンのブログであったり、ディズニーランドのネタを専門的に記事にしているようなブログが特化型ブログになります。

これらのブログというのは1つのジャンルに特化しており、専門的なブログを作ることで大きく稼げるようになるのです。

さらに言えば、特化型ブログであれば、トレンドアフィリエイトのように頻繁に記事を更新せずとも稼げるので、少ない労力でお金を稼ぐことができます。

特化型ブログはある程度作り込みをすれば、その後は1週間に1度の更新でも安定して10万円〜20万円、またはそれ以上の金額を稼ぐことができるのです。

4-2-1.なぜ、特化型ブログが少ない労力で大きく稼ぐことができるのか?

少ない労力で稼ぐことができる

特化型ブログがなぜ、少ない労力で大きく稼ぐことができるのか疑問に思いませんか?

その理由というのが、長期的にアクセスを集められる記事を積み上げていくことができるからです。

まず、トレンドアフィリエイトというのは、今回の記事で何度も言ってきているように今話題になっていることについて記事にしていくものなので、短期的なアクセスしか集めることができません。

旬が過ぎたらアクセスが集められなくなるので、毎日記事を書き続ける必要があるわけです。

ですが、特化型ブログというのは年中検索される話題であったり、季節毎に検索される話題があったりで、ほぼ永久的に検索されます。

要は、あなたが書いた1記事1記事が半永久的にアクセスを呼ぶ「資産」になるのです。

この資産になるブログを作ることである程度、検索が安定してくると多少放置しても変わらずに集客をしてくれます。

そして、記事が増えれば増えるほどアクセスも増えて、トレンドアフィリエイトよりも圧倒的に稼げるという原理になります。

これが、特化型ブログの威力です。

ただ、特化型ブログにも弱点があって、それが「Googleアドセンスを利用している点」になります。

アドセンスは確かに稼ぎやすいのですが、実践者の中には、

「Googleアドセンスが凍結した・・・」

という恐怖を体験する者も少なくないのです。

実際、アドセンスを取得しているのであればよくわかると思いますが、Googleの考えっていうのはブラックボックスなので僕たちが知ることができません。

なので、こういったアドセンスが使えなくなった時の対策のためにもGoogleアドセンス以外の収入源を確保しておく必要があるわけです。

そこで、アドセンス以外の収入源で考えられる手法が、

  • 物販を絡める
  • 情報商材アフィリエイトをする

という感じになります。

4-3.トレンドアフィリエイト×物販で稼ぐ方法

トレンドアフィリエイトと絡めて新たな収入源を確保していくなら、 「物販」が一番楽にできる手法になります。

具体的な手法を書くなら、記事に関連した商品に誘導していくといった手法です。

考え方としては簡単で、物凄くシンプルな戦略です。

例えば、AKB48に特化したブログを作っているのであれば、そのブログに集まるユーザーは主にAKB48のファンが大半というのが考えられますね(キーワードにもよりますが・・・)。

で、この時に考えることができるのは「ファンであれば最新のCDの情報とかも欲しいのでは?」ということです。

だから、最新のCDの情報の記事を書いてあげてその商品ページにアフィリエイトリンクを貼って、誘導して成約が決まれば報酬となります。

そして、これは別にCDでなくて様々な応用を効かせることができます。

例えば

  • DVD
  • その他グッズ
  • ライブチケット

などなど、挙げればきりがありませんが、ブログに関連する商品はどんどん絡めていくべきです。

物販を絡めていくだけで収入も比例して伸びるし、万が一、アドセンスがペナルティを受けてアカウント停止になっても収入が0になることはないのでリスクの分散ができます。

そして、物販の他にも安定して稼ぐことができる手法が 「情報商材アフィリエイト」です。

4-4.情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法

これは、純粋に考えて視野に入れておいて欲しい内容になります。

まず、情報商材っていうのは「1本売れるだけで1万円」とか余裕で稼ぐことができます。

それと、比べてアドセンスは1クリック数十円程度とかなり少ないです。

このように一目瞭然ですが、明らかに情報商材を売った方が効率がいいです。

とは言っても、初心者はトレンドアフィリエイト、せどり、YouTubeのような割と簡単に稼ぐことができる手法の方が取り組みやすいので、まずはこれらの手法で稼ぐでも間違いではありません。

でも、いずれはトレンドアフィリエイトから情報商材アフィリエイトに移行していく方向性で取り組んだ方がいいです。

または、トレンドアフィリエイトで稼ぐ方法を販売することをオススメします。

トレンドアフィリエイトは、Googleからも低評価を受けやすく、いつ収入が途切れるかわかりません。

なので、長期的に稼ぎ続けることができる情報発信や情報商材のアフィリエイトが良いというわけですね。

初心者が一から稼ぐ方法をまとめていますので、参考にしてみてください。

情報商材アフィリエイトで初心者が月収100万円稼ぐためのブログ講座

まとめ

トレンドアフィリエイトでも情報商材アフィリエイトでも基本的な部分は変わることなく「価値を提供する」というのが根本的に稼ぐためには必要な意識です。

実際にこれは、ネットビジネスに限らずリアルのビジネスでも同じことが言えます。

ネットビジネスが特例はなくて、ビジネスというのは本来「価値を提供する」ということが基本です。

この基本的なことができるかできないかで、収入は天と地ほど差ができてしまいます。

逆に言うと、稼ぐことができる人と稼げない人の差はこの差でしかありません。

意外と稼ぐって複雑に見えて、非常にシンプルな法則で成り立っているのです。


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/fukuda20/searchmanrektingexpo.com/public_html/wp-content/themes/xeory_extension/lib/functions/bzb-functions.php on line 299

トレンドアフィリエイトで安定して月収10万円稼ぐ方法

福田です。

今回は「トレンドアフィリエイトで安定して稼ぐ方法を徹底解説」というテーマで解説していきます。

トレンドアフィリエイトは一般的に労働収入だと言われており、ちょっとした検索エンジンの仕様変更などで稼げなくなると思われています。

だから、トレンドアフィリエイトは安定して稼ぐことはできないという声が一部では上がっているわけです。

しかし、トレンドアフィリエイトはやり方次第では安定的に稼いでいくことが可能です。

そこで、今回はトレンドアフィリエイトで安定的に稼いでいく方法についてお伝えしたいと思います。

1.トレンドアフィリエイトで安定して稼ぐ方法の概要




トレンドアフィリエイトが流行り始めた頃っていうのは、今とは多少違って、ニュースの記事を書けばアクセスが集まって稼ぐことができると言われていました。

これは間違いではなく、実際に500文字程度の記事を量産していただけで、月収数十万円以上稼ぐ実践者が大量発生したのは確かです。

しかし、現在は昔と同じような思考を持っていても初心者でも稼ぎやすいと言われているトレンドアフィリエイトでも到底稼ぐことは到底できません。

なぜなら、根本的に「お金を稼ぐ」と言う意味がわかっていないからです。

一昔前は参入者が少なかったので意識する必要はありませんでしたが、参入者が増えた今では「お金を稼ぐ」本質を理解できていない人は稼ぐことができなくて挫折していきます。

本質を理解していないから、

  • 「ノウハウ通りにやっているのに・・・」

  • 「全然成果出ない・・・」

  • 「もう無理だ・・・」


ってなるんですよ。

つまり、今後もトレンドアフィリエイトで稼ぐためでしたら、「お金を稼ぐのがどういうことなのか?」を理解する必要があるのです。

1-1.お金を稼ぐということはどういうことなのか?


お金を稼ぐというのは、ずばり「価値」を提供することです。

なので、価値提供ができていないブログは絶対に稼ぐことはできません。

ただ、

「価値提供って何?おいしいの?」

とあなたは思うかも知れないので具体的に解説していきます。

まず、ブログを運営するということは「情報発信をすること」と同義です

で、この情報に読者が価値を感じてくれるかどうかで稼ぐことが「できるか」「できないか」が分かれるわけです。

ここで、

「じゃあ、どうすれば読者は価値を感じてくれるの?」

という話になってくるわけですがそれは、あなたの情報が

  • 役に立った!

  • 参考になった!

  • 悩みが解決した!


と思ってもらえたときです。単純に考えるとこの3つの要素しかありません。

でも、既存のトレンドアフィリエイトのノウハウではこの価値を与えるということが、具体的に解説されているノウハウは非常に少ないです。

なので、もう少し掘り下げた内容を話していきたいと思います。

まず、一番意識しなければならないのは、 読者の気持ちを考えることです。

どういうことかというと、例えば、巷の教材では主に芸能ニュースでの解説が多いわけですが、ただ芸能ニュースをリライトしてもダメだということです。

リライトというのは、簡単に説明すると元の文章を崩さずに自分の言葉に変えていくテクニックですが、要は、内容は同じだけど表現の仕方が変わっているということになります。

しかし、これでは読者に価値を提供することができないのです。

1-2.リライトでは稼げない理由について


まあ、ここで多くの場合、

「いやいや、自分の言葉で表現しているなら良いでしょ!」

って思うのが普通なんですが、これではトレンドアフィリエイトで安定して稼いでいくことが難しくなります。

なぜなら、たとえリライトして自分の言葉で記事を作ったとしても、内容自体がすでに読者は知っているからです。

基本的に読者はニュース記事に書いている内容をすでに知っているから検索してくるわけです。

つまり、リライトを採用したと仮定した場合、

「ニュース記事をただリライトするだけ」

↓ ↓

「アクセスが集まる」

↓ ↓

「読者は内容を知っているから画面を閉じられる」

↓ ↓

「滞在時間が短くなる」

↓ ↓

「Googleが価値がないサイトだと判断する」

↓ ↓

「ブログが圏外に飛ばされる」

という最悪の流れになってしまうので、リライトだけの記事では読者に価値を与えることができないのです。

そもそも、ニュース記事と表現は変わっているけど、内容的に見ると全く同じ内容だったら読んでても全然面白くないですよね?

つまり、ここで重要なのは同じ内容を伝えるのではなくて、そのニュース記事を読んだ読者はどんな事を知りたいのかを考えることです。

そして、その先の情報を記事にしてあげることで、

  • 「この人のブログ参考になる!」

  • 「なるほど〜、解決した!」


って思ってもらえるんですよ。

例えば、Aという女優が一般人と結婚の報道をしたときにこの記事を読んでいる読者は何を知りたいと思いますか?

読者が知りたいこととしては、

  • 「一般人ってなんの仕事をしている人だろう?」

  • 「相手は何歳だろう?」

  • 「どんな顔しているんだろう?」

  • 「いつから交際していたのかな〜?」


などなど、色々と考えることができます。

こういったニュース記事には書かれていない情報を読者に与えることによって多くのアクセスが集まって稼ぐことができます。

なので、結論をいうとお金を稼ぐのであれば、「価値を提供する」ということが必須であり、ここに焦点を当てる必要があるというわけです。


「トレンドアフィリエイトで安定して稼ぐ方法の概要」のまとめ

  • お金を稼ぐ本質は価値提供にある

  • トレンドアフィリエイトでは読者の気持ちを考えるのが最優先

  • リライトでは安定的に稼ぎ続けることはできない



2.トレンドアフィリエイトで安定して稼ぐためには滞在時間を重視する




トレンドアフィリエイトで安定して稼ぐための要素として、先ほどは「読者の気持ちを考える」ということをお話しましたが、ブログに焦点を当てた場合に必要になってくるのが「滞在時間」です。

Googleが滞在時間を重視する理由は、

「滞在時間が長いサイト=価値があるサイト」

と判断するアルゴリズムが備わっているからです。

まず、Googleの理念として、

「価値のあるサイトを上位表示させる」

という考えがありますが、滞在時間が長いということは読者の役に立ち、じっくりと読みたいと思わせる絶対的な要素があります。

じっくりと読みたいと思わせることができなければ、読者が1つのブログに長く滞在することはないのです。

少し考えてもらいたいのですが、あなたが気になることに対して検索したときにその悩みを解決してくれたサイトの他に記事とか見たりしませんか?

例えば、あなたが、

  • 「このサイトで悩みが解決した〜!」

  • 「他にも参考になる記事ないかな〜?」


という感じでブログを徘徊した経験って一度や二度ではないと思います。

実際、僕はかなりありますし、大抵悩みを解決してくれるサイトっていうのは他でも参考になる記事や面白い記事があるもんです。

つまり、こういった読者の思考がサイトを評価する価値基準に直結するということです。

だから、滞在時間と価値のあるサイトっていうのはかなり密接な関係にあることになります。

読者への価値提供はアフィリエイトの本質的な部分です。

下記の記事でも書いているので参考までにどうぞ。

https://searchmanrektingexpo.com/?p=58

そもそも、全く参考にならない記事やすでに知っているような内容の記事を書かれても価値を感じることはないし、長く滞在することはありません。これは先ほどもお伝えした内容ではあります。

つまり、滞在時間の短いサイトは、Googleから価値のないサイトだと判断されるのです。

なので、それだけ滞在時間っていうのは情報やサイトの価値と関係しているため、小手先のSEO対策よりも力を入れるべきなんですよ。

だから、トレンドアフィリエイトをするにしても読者目線で物事を考える必要があるのです。

具体的に言えば、

  • 読者は何を知りたいのか?

  • 読者は何に悩んでいるのか?

  • 読者はなぜそのキーワードで検索するのか?


これらを考えるだけでも他の実践者とも圧倒的な差をつくることができます。

大事なのは、独りよがりな主観的な記事を書いてはいけないということです。

つまり、

  • 自分が稼ぐため

  • 自分が書きたいように書く

  • 自分の考えを押し付ける


こういった思いで記事を書くのは最悪であり、絶対にこれでは読者はあなたのブログに価値を感じてくれません。

価値を感じてくれないということは、必然的に長くサイトに滞在してくれることはないのです。

つまり、あなたが読者の滞在時間を伸ばすためにすることは、

「読者への価値提供」

であり、読者の悩みを解決する記事を真摯に書いていくのが重要になります。

あとは、どれだけこの価値提供を意識できるかで、あなたの書く記事の質は必然的に上がり、その記事を読んだ読者は価値を感じて他の記事も読んでくれるようになります。

読者の価値提供を意識した後に、ようやく小手先の内部リンクであったり、外部リンクの強化に目を向けられます。

先に内部リンクとか強化しても結局、今読んでいる記事に価値を感じることがなければ他の記事に誘導しても読者は思うような行動をしてくれることはありませんよってことです。


「滞在時間を重視する」のまとめ

  • 滞在時間が長いサイトをGoogleは価値あるサイトだと判断する

  • 独りよがりな主観的な記事を書いても滞在時間は伸びない

  • 読者の価値提供を後に小手先のテクニックに目を向ける



3.トレンドアフィリエイトで上位表示するための思考法




では、ここまででトレンドアフィリエイトで安定して稼ぐ方法について解説しました。

さらに、そもそも論として言えるのは、トレンドアフィリエイトで稼ぐためには「記事を上位表示させる」ことがとても重要になってきます。

記事を上位表示させないとアクセスを引っ張ってくることができないので、トレンドアフィリエイトを実践していく場合には必須と言えます。

しかし、

「トレンドアフィリエイトをやってるけど、上位表示できるネタが見つからない・・・。」

と悩みを抱えている方も少なくないと思います。

僕もアフィリエイトを始めた当時は、このような考えをもっていたんですが、結論から言うと単純にリサーチしたらネタは無限に見つかります。

要は、ネタ探しをしてネタが見つからないというのは、単純にリサーチ不足という可能性が非常に高いです。

やっぱり、最初の頃っていうのは、どうしてもネタ探しに苦労するものですが、ネタというのは先ほども言ったようにリサーチすればいくらでも見つかるので、今回はその一部を紹介します。

3-1.トレンドアフィリエイトのネタ探しの方法


それでは、トレンドアフィリエイトのネタ選定を解説していきます。

例えば、王道的な手法として挙げることができるのがYahoo!JAPANのニュース記事です。

Yahoo!JAPAN

これはかなり王道的な手法で、トレンドアフィリエイトの教材なんかでほぼ確実に説明されているネタ探しの方法です。

つまり、この方法はそれだけライバルが存在しており、強いライバルもうじゃうじゃいるということです。

だから、トレンドアフィリエイトを始めたばかりのブログがまだ育っていない状態であれば、確実に上位表示できません。

もちろん、質の高い記事を量産すれば、十分に上位表示できるようになります。

しかし、トレンドアフィリエイトで稼ぐコツを掴んでいない場合に、いきなりライバルが無数にいる場所に突っ込んでいっても玉砕するのが目に見えています。

そもそも、トレンドアフィリエイトを実践していて、Yahoo!ニュースしかネタ収集場所がないという方も多くいますが、それだとネタの幅が狭いので、どうしてもライバルと競合してしまいます。

しかし、Yahoo!ニュース以外にもネタ収集場所は探せばたくさんあるのです。

例えば、テレビ番組の中で取り上げられた話題がトレンドになったり、雑誌の記事が話題になったりとかあるわけです。

こういった情報の仕入れ先を持っているだけで他のトレンドアフィリエイト実践者との差別化を計ることもできるし、1つの競争の激しい情報の仕入れ先に依存することもないです。

つまり、

「ネタがないならネタを探す」

というのが基本中の基本です。

Yahoo!がダメならYahoo!以外から探すしかないですよね?

「Yahoo!のネタでは上位表示できない→諦める」

ではなく、

「Yahoo!のネタは上位表示できない→他からネタを持ってくる」

これをできるかできないかで、稼げるか稼げないかが分かれてきますし、きちんとトレンドアフィリエイトで稼げている人は、自分の情報収集先を確保しています。

ネットビジネス全般で言えることですが、1つのことに依存しても何も良い事はないし、全体を見ることができなくて視野が狭くなりがちです。

自分が買った教材・学んだノウハウでは、Yahoo!JAPANと言われているからYahoo!JAPANからしかネタを集めないではジリ貧です。

そうではなくて

  • 他にもネタになる物はないのか?

  • どんなことが話題になっているのか?


という具合に、常にアンテナを張る事で思いもしなかったところからアイディアが浮かんだり情報が飛び込んだりするもんです。

そもそも、何も考えていない状態からは何も生まれません。

つまり、ある日突然ひらめいたとかは絶対にあり得ない話で、常にアンテナを張っているから見える視点というのもあるし、ノウハウ1つとってもそうです。

例えば、ただ漠然と新しいノウハウを見るのと、今の実践しているノウハウに使えることがないのかと思考し続けている人でしたら、断然後者の方が吸収できることも多いし、新しいノウハウを作ることができます。

要は、1つに依存しないでどれだけ水平展開して物事を捉えることができるかが重要だということです。

もちろん、言われたことをそのまま実践するのは、非常に大切なことではあるのですが、

「あの人がこう言ったからこれしかやらない。」

と意固地になってしまったら、臨機応変な対応ができずに、チャンスを逃し続けることになってしまいます。

例えば、会社に勤めている人であればわかると思いますが

「先輩が◯◯って言ったから◯◯しかしていません。」

完全上司に怒られますよね?

こんなことを上司に言おうもんなら、

「お前の頭で考えろ!!」

と怒鳴られる可能性が高いです。

だから、もっと自由に発想するべきなんですよ。ノウハウなんてものはあくまで、成功の一例でしかありません。

ノウハウをそっくりそのまま、マネをするのではなくてノウハウの重要な骨組みの部分をモデリングするのが大切だということです。

骨組みというのは、戦略であったり、どういう意図で行っているのか。要するにフレームワークの部分です。

トレンドアフィリエイトであれば、結局アクセスをたくさん集めることができればネタなんてどこから持ってきてもいいわけです。

例えば、

  • 週刊雑誌

  • 女性ファッション誌

  • 他のニュースサイト(ライブドアとかモバゲーとか・・・)

  • テレビの話題になりそうなこと


など、いくらでもありますよね?

単純にこうやって考えていけば、記事ネタっていうのは無限に発掘していけます。

上位表示できるネタというのはそこら中に転がっているので、視野を広くしていくのが大切です。


「上位表示するための思考法」のまとめ

  • ネタが中々見つからない時は大抵がリサーチ不足

  • Yahoo!ニュース以外にもネタ収集場所は無限にある

  • 1つに依存しないでどれだけ水平展開して物事を捉えることができるかが重要



4.トレンドアフィリエイトの限界とは?


限界

さて、トレンドアフィリエイトで安定して稼ぐ方法について詳しく解説してきたので、もうここまで読まれた方であれば、今後も長期に渡って結果を出していくための思考はバッチリです。

ただ、今回の見出しを見て、

「え、安定した稼ぐ方法を紹介しておいてトレンドアフィリエイトの限界って・・・」

とあなたは思ったかも知れませんね。

ですが、どんなことでも表と裏がありメリット、デメリットというのが必ず存在します。

そのメリット、デメリットを理解して取り組んでこそ、ビジネスは深く理解できるのです。

表面上の話しだけをしていても全く意味がありませんし、あなたの利益に繋がりません。

なぜ、このように僕が不利益になるようなことをベラベラと話しているのかというと、

「本質的な部分を知ってもらいたいから」

です。

事実、多くの情報発信者というのは、自分の利益だけに目がくれているので、あまり自分が不利益になるようなことは言いません。

ですが、それでは僕のメール・ブログ講座で本気で取り組んでいるあなたに失礼なのでこのような形でトレンドアフィリエイトのデメリットを話そうと思ったわけです。

今回、お話するデメリットを深く理解して、トレンドアフィリエイトを実践するかしないかを選択していただければと思います。

4-1.トレンドアフィリエイトのデメリット




トレンドアフィリエイトの限界(デメリット)というのは 「稼ぐことができる金額」についてです。

初心者にも取り組みやすくて成果も出しやすいのがトレンドアフィリエイトの魅力なんですが、実際にこの手法で稼ぐことができても、せいぜい10万円〜20万円ほど。

もちろん、100万円以上を稼ぐ実践者もいるのですが、労力が掛かりすぎるので効率的とは言い難いです。

そして、さらにデメリットを挙げるなら 「毎日記事を更新する必要がある」ということです。

トレンドアフィリエイトは労働収入なので、記事を頻繁に更新する必要があります。

つまり、更新頻度が減れば収入も比例してどんどん減っていってしまうのです。

だから、トレンドアフィリエイトをやる以外にも、もっと効率的で長期的に稼げる手法にも取り組むべきだと言えます。

そこで、ここからはトレンドアフィリエイト以外で取り組みやすく、稼げる戦略についてご紹介したいと思います。

4-2.特化型ブログ


まず、最初にご紹介するのが 「特化型ブログ」の運営です。

特化型ブログというのは、何かのジャンルに特化したブログのことです。きっとあなたも一度は見た事があるはず。

例えば、AKB48のファンのブログであったり、ディズニーランドのネタを専門的に記事にしているようなブログが特化型ブログになります。

これらのブログというのは1つのジャンルに特化しており、専門的なブログを作ることで大きく稼げるようになるのです。

さらに言えば、特化型ブログであれば、トレンドアフィリエイトのように頻繁に記事を更新せずとも稼げるので、少ない労力でお金を稼ぐことができます。

特化型ブログはある程度作り込みをすれば、その後は1週間に1度の更新でも安定して10万円〜20万円、またはそれ以上の金額を稼ぐことができるのです。

4-2-1.なぜ、特化型ブログが少ない労力で大きく稼ぐことができるのか?


少ない労力で稼ぐことができる

特化型ブログがなぜ、少ない労力で大きく稼ぐことができるのか疑問に思いませんか?

その理由というのが、長期的にアクセスを集められる記事を積み上げていくことができるからです。

まず、トレンドアフィリエイトというのは、今回の記事で何度も言ってきているように今話題になっていることについて記事にしていくものなので、短期的なアクセスしか集めることができません。

旬が過ぎたらアクセスが集められなくなるので、毎日記事を書き続ける必要があるわけです。

ですが、特化型ブログというのは年中検索される話題であったり、季節毎に検索される話題があったりで、ほぼ永久的に検索されます。

要は、あなたが書いた1記事1記事が半永久的にアクセスを呼ぶ「資産」になるのです。

この資産になるブログを作ることである程度、検索が安定してくると多少放置しても変わらずに集客をしてくれます。

そして、記事が増えれば増えるほどアクセスも増えて、トレンドアフィリエイトよりも圧倒的に稼げるという原理になります。

これが、特化型ブログの威力です。

ただ、特化型ブログにも弱点があって、それが「Googleアドセンスを利用している点」になります。

アドセンスは確かに稼ぎやすいのですが、実践者の中には、

「Googleアドセンスが凍結した・・・」

という恐怖を体験する者も少なくないのです。

実際、アドセンスを取得しているのであればよくわかると思いますが、Googleの考えっていうのはブラックボックスなので僕たちが知ることができません。

なので、こういったアドセンスが使えなくなった時の対策のためにもGoogleアドセンス以外の収入源を確保しておく必要があるわけです。

そこで、アドセンス以外の収入源で考えられる手法が、

  • 物販を絡める

  • 情報商材アフィリエイトをする


という感じになります。

4-3.トレンドアフィリエイト×物販で稼ぐ方法


トレンドアフィリエイトと絡めて新たな収入源を確保していくなら、 「物販」が一番楽にできる手法になります。

具体的な手法を書くなら、記事に関連した商品に誘導していくといった手法です。

考え方としては簡単で、物凄くシンプルな戦略です。

例えば、AKB48に特化したブログを作っているのであれば、そのブログに集まるユーザーは主にAKB48のファンが大半というのが考えられますね(キーワードにもよりますが・・・)。

で、この時に考えることができるのは「ファンであれば最新のCDの情報とかも欲しいのでは?」ということです。

だから、最新のCDの情報の記事を書いてあげてその商品ページにアフィリエイトリンクを貼って、誘導して成約が決まれば報酬となります。

そして、これは別にCDでなくて様々な応用を効かせることができます。

例えば

  • DVD

  • その他グッズ

  • ライブチケット


などなど、挙げればきりがありませんが、ブログに関連する商品はどんどん絡めていくべきです。

物販を絡めていくだけで収入も比例して伸びるし、万が一、アドセンスがペナルティを受けてアカウント停止になっても収入が0になることはないのでリスクの分散ができます。

そして、物販の他にも安定して稼ぐことができる手法が 「情報商材アフィリエイト」です。

4-4.情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法


これは、純粋に考えて視野に入れておいて欲しい内容になります。

まず、情報商材っていうのは「1本売れるだけで1万円」とか余裕で稼ぐことができます。

それと、比べてアドセンスは1クリック数十円程度とかなり少ないです。

このように一目瞭然ですが、明らかに情報商材を売った方が効率がいいです。

とは言っても、初心者はトレンドアフィリエイト、せどり、YouTubeのような割と簡単に稼ぐことができる手法の方が取り組みやすいので、まずはこれらの手法で稼ぐでも間違いではありません。

でも、いずれはトレンドアフィリエイトから情報商材アフィリエイトに移行していく方向性で取り組んだ方がいいです。

または、トレンドアフィリエイトで稼ぐ方法を販売することをオススメします。

トレンドアフィリエイトは、Googleからも低評価を受けやすく、いつ収入が途切れるかわかりません。

なので、長期的に稼ぎ続けることができる情報発信や情報商材のアフィリエイトが良いというわけですね。

初心者が一から稼ぐ方法をまとめていますので、参考にしてみてください。

https://searchmanrektingexpo.com/?p=4574

まとめ


トレンドアフィリエイトでも情報商材アフィリエイトでも基本的な部分は変わることなく「価値を提供する」というのが根本的に稼ぐためには必要な意識です。

実際にこれは、ネットビジネスに限らずリアルのビジネスでも同じことが言えます。

ネットビジネスが特例はなくて、ビジネスというのは本来「価値を提供する」ということが基本です。

この基本的なことができるかできないかで、収入は天と地ほど差ができてしまいます。

逆に言うと、稼ぐことができる人と稼げない人の差はこの差でしかありません。

意外と稼ぐって複雑に見えて、非常にシンプルな法則で成り立っているのです。

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください