無料オファー

阿部ひろし アルティメットミリオネアシステムがダメな理由。

 

福田です。

 

ここ最近かなり投資系の無料オファーが多い気がします。

 

投資が悪いとかそういうことを

言っているわけではありません。

 

ただ、投資って取引自体は、

一瞬で終わるので、うたい文句としては、

1日3分で100万円とかそういった表現が

まかり通ってしまいます。

 

まあ〜、大体投資系の1日1分とか

1日3分とか言っているオファーは、

自動売買ソフトを使った稼ぎ方がメインとなっています。

 

「設定だけすれば、あとは勝手にツールが稼いでくれます!」

 

『んなわけねーだろ。』

と、本当に稼いでいる人は思っているわけです。

 

結局、自動売買系のツールで、

稼ぐことほどリスクが高いことはありません。

 

なぜ、自動売買ツールが危険なのかも、

交えながら、本日は阿部ひろしさんの

アルティメットミリオネアシステム

レビューしていきたいと思います。

 

 

阿部ひろし アルティメットミリオネアシステム

 

阿部ひろし アルティメットミリオネアシステム

 

特定商法なし

 

 

アルティメットミリオネアシステムは日経平均CFDの自動売買ツール

 

今回レビューしていく、

アルティメットミリオネアシステムは、

日経平均CFDというジャンルの投資です。

 

日経平均CFDは、日経225先物取引と

よく、似ていますが、大きく違うところがあります。

 

まずは、どのような取引なのか、

ざっくりを解説をさせていただきますと・・・・。

 

日経225先物取引というのは、

 

日経225というのは、日本の上場企業225社の

平均株価のことを指します。

 

日経225先物取引は、

未来の日経平均株価の株価を予測して取引をすることで、

利益を出す予約取引をしていくことで、利益を出していきます。

 

つまり、ある日、日経平均株価が1万円だとして、

あなたが、日経平均は決められた日に、

1万円で1枚買う予約を入れたとします。

 

その決められた日に、

日経平均が1万1000円に上がっていたら、

予約の段階で1万円で予約を入れているので、

1000円おトクに買えることになります。

 

これが、日経225先物取引で利益を上げていく考え方で、

基本的に、日経平均CFDも同じような考えかたで問題ありません。

 

 

で、日経平均CFDと日経225先物取引との

大きな違いは、日経平均CFDは、小資金で始めることができ、

日経225先物取引よりもレバレッジを効かせることができます。

 

つまり、日経平均CFDは少ない資金から、

始めることができ、なおかつ、

大きな金額を稼げる可能性があるということです。

 

そうやって聞くと、

メリットが多くあるように思えますが、

レバレッジを大きく効かせることができる

ということは、大きな金額を稼げるということですが、

その逆に、大きな損をする可能性が高いんです。

 

なので、個人的には日経平均CFDよりも、

日経225先物取引の方がオススメになります。

 

 

自動売買ツールで稼ぐ危険性

 

今回の阿部ひろしさんの

アルティメットミリオネアシステムは、

自動売買ツールで稼いでいくということになりますが、

僕は、投資は自動売買ツールで稼ぐべきではないと思っています。

 

自動売買ツールは、良くも悪くも

ツールの設定次第で、メンタルなど関係なく、

勝手に取引をしてくれてそういう面では、

良いのかもしれません。

 

でも、自動ツールを設定しただけで稼ぐということは、

なぜ、その瞬間に稼げたのかすらわからずにお金を

稼いでいるということです。

 

だから、もし負けても、

なぜ、負けたのかわからないんですよ。

 

つまり、勝っても負けても、

あなたは成長がしないということです。

 

それによって、

もし、ツールのロジックが通用しなくなったら、

あなたは、「なぜ、利益が出たのか」「なぜ、損失が出たのか」

わからないので、長期的に稼ぐことができないということです。

 

また、動画では札束を見せびらかしている、

演出などありましたが、

 

阿部ひろし アルティメットミリオネアシステム

 

はっきり言って、そんな演出誰にでもできるし、

札束を持っているからと言って、

本当に12億も稼いでいる証拠にはなりません。

 

だから、本当に稼げるなんて言えない案件ですね。

 

まあ〜、動画に実践者が出ていましたが、

あんなの少しお金を払えば、

いくらでもエキストラなんて雇えるし、

どのローンチも怪しいものは、

そうやって、人を雇っているんです。

 

そういうことも考慮して、

本当に参加するべきか考える必要があります。

 

自動売買ツールを使ったら稼げるなんて

幻想なんで、そう言った案件はスルーした方がいいですよ。

 

 

PS.

 

今回の案件の日経平均CFDは、

取引手数料がかからないんですが、

その分スプレットがあります。

 

スプレットって簡単に説明すると、

「買い」と「売り」の値段が同じではないということですね。

 

例えば、スプレッドが3円の際、

売りの価格が1万円だったら、

買いの価格が1万3円です。

 

なので、新規の注文が成立したと同時に、

30円損するするということです。

 

で、平均のスプレッドは、

2〜9円なので、日経225先物ミニと

同じで計算すると、1回あたりの取引で、

200〜900円ほどの損失が出てしまいます。

 

 

日経225先物ミニの手数料は、

1回100円程度ですので、

手数料をや総合的に見て日経225先物取引の方が、

おすすめできる取引になります。

 

日経225先物取引を学ぶのであれば、

こちらの商材がおすすめです。

福田おすすめの日経225教材FURAIBO

 

 

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください