家売るオンナ最終回の感想『三軒屋から学ぶビジネス思考と商品の売り方』

家売るオンナ 感想

 

 

福田です。

 

実は、昨日たまたま見たテレビが、

ビジネス的に見ると、とても面白い内容で、

今、商品やサービスを売る仕事をしている人や

商品販売などうまくいってない方にはとても参考になる

内容となっています。

 

そのテレビというのが、

北川景子さんが主演の『家売るオンナ』というドラマ。

 

三軒屋万智こと北川景子さんは、

家を売る不動産屋のチーフを務めていて、

”私に売れない家はない”というフレーズを何度も

発言しており、ドラマの中では本当に売れない家はない

状態で、どんな家でも売ってしまう凄腕です。

 

ただ、ドラマを見ている方には、

「ドラマだからあんなに売れているんでしょ?」

 

と思っている方もいるかもしれませんが、

「家売るオンナ」のドラマの中では、

数々の商品販売テクニックが含まれています。

 

そのテクニックを使えば、不動産だけでなく、

どんな商品やサービスでも売り上げを伸ばすことができるだろうなと。

 

そんなビジネス的な観点でドラマを見ていたわけですが、

僕がどういった視点で見て、テクニックなどを

考察してたのかをシェアしていこうと思います。

 

 

三軒屋万智の不動産を売るテクニックとは?

 

三軒屋万智さんが、使っているテクニックは、

商品販売でかなり使えるテクニックであり、

売れるお店を作ったり、売れるセールスマンに

なるには必ずと言っていいほど必要なことだったりします。

 

実際に僕が行っているインターネットで、

サイトを作って商品を紹介して、

その紹介料をもらうことができるビジネスであっても、

同じテクニックを使うし、根本的にある部分は全く同じなんです。

 

人が商品を買う原理原則を

三軒屋万智さんは理解できているからこそ、

”私に売れない家はない”と断言できているわけです。

 

 

僕は全て見ているわけではありませんので、

これがドラマで使われていたテクニックの

全てとは言えませんが、僕が見ているところで

使われていた主要なテクニックは・・・・、

 

  • ターゲットとなるお客が何を求めているかリサーチする。
  • お客目線で良い家を紹介する。
  • 理想の未来を見せる。

 

など、特に目立つテクニックはこれらが使われています。

 

もっと細かいテクニックを言ってしまうと、

おそらく、1記事だけで書ききれないので、

主要なものだけをピックアップして、

話していこうと思います。

 

 

ターゲットとなるお客が何を求めているかリサーチする

 

まず、三軒屋万智さんは、家を売るお客さん(ターゲット)が、

どんな人物で、何を求めているのか徹底的に調べ上げます。

 

これは、表面的な部分ではなく、

お客さんが求めている本質的な部分です。

 

どんなビジネスでもそうですが、

ターゲットとなる見込み客が求めていることを

徹底的にリサーチすることは一番重要です。

 

でも、これってできている人や企業は少ない。

 

 

だから、商品は売れないし、

全く的外れの商品ができるんですよ。

 

『根本的に見込み客は何を求めているのかです。』

 

家を売るオンナの三軒屋万智さんが

相手にするのは、家を買う人です。

 

 

なので、

通常の思考では不動産屋の人は、”良い家”を提案します。

 

ここでいう”良い家”というのは、

家の間取りが広いことや機能(スペック)が高く、

それに見合った金額の家賃の家です。

 

要は、高いスペックを並べれば、

家(商品)は売れると思っています。

 

それじゃ〜

商品って売れないです。

 

なぜなら、

お客さんって、ハイスペックの商品で欲しいのではなく、

その商品から得ることができる良い未来だからです。

 

どんなにハイスペックで機能が高くても、

見込み客が得たい未来が手に入る商品でなければ不要。

 

だから見込み客が何を本当に求めているのか

しっかりとリサーチする必要があります。

 

不動産であれば、三軒屋万智さんは、

見込み客の私生活や表面的ではない背景を

徹底的に調べ上げ、不動産屋にとっての”良い家”

ではなく、お客さんにとっての”良い家”を提案しているのです。

 

だから、本質的に考えて、

見込み客が何を求めて商品を探しているのか

考えてみれば、今とは違いものが見えてくるはず。

 

 

お客目線で良い家を紹介する

 

お客目線で良い家を紹介するというのは、

先ほどの話と繋がってきています。

 

見込み客を徹底的にリサーチをすることで、

お客目線で商品の提案ができるようになります。

 

特に、良いサービスを提供しようと考えている方は、

このお客目線の商品の提案をやることです。

 

結局、自分の頭の中で描いているような、

サービスを提供する側の

 

「あ〜すればお客さんは満足してくれるかな?」

 

「もう少しこうすれば、お客さんは満足してくれるのではないか?」

 

という見込み客の気持ちをそっちのけて、

良いサービスや商品の提供なんてできません。

 

例えば、僕が昔やっていた美容師ですが、

この職業って典型的な自分の頭の中で

サービスや提案が「良いか」「悪いか」を

決めている人達が多い職業です。

 

特に、技術がある人に限ってこの傾向って強いです。

 

サービスを受けたいお客さんが

「この髪型にしたいんですけど!」

 

というイメージを持ってきた時に、

なんとなく、雰囲気だけを掴み取って、

自分なりの好きなスタイルに近づけてしまいます。

 

「あ〜、こんな雰囲気ね。」

 

という感じ。

 

 

でもこれって、

満足しているのは施術したスタイリストだけだし、

実際に施術されたお客さんは、

「なんかイメージと違う・・・。」

 

となってしまうのです。

 

結局、お客目線っていうのは、

自分の「得意」なことを見せつけることではなく、

お客さんが本当に求めているスタイルに限りなく近づけることが、

お客目線の仕事ではないでしょうか?

 

そのために、しっかりと話を聞きお客さんが本当に

求めていることをリサーチすることです。

 

それが、お客目線の商品・サービスの提供に繋がるというわけです。

 

だから、時間がないとかそういうのって、

言い訳でしかないというか、

本当に良いサービスを と考えると、

しっかり話を聞いてリサーチすることを

欠かしては、良いサービスの提供はできないですよね。

 

 

その点、三軒屋万智さんは、

しっかり見込み客が本当に求めていることを時間をかけて

リサーチして最高の物件を提供しようと考えています。

 

これが、物件を売れる人になるのか

物件を売れない人になるのか明暗が分かれることになります。

 

 

未来を見せる

 

特に、三軒屋万智さんが、優れていると感じた点が、

お客さんに未来を見せているところです。

 

実際に、三軒屋万智さんに不動産を

提供された見込み客は、その物件を購入する前に、

すでに、その物件に住んでいる未来を想像することができています。

 

というか、三軒屋万智さんが、

その物件に住んでいる未来を見せているんですが・・・。

 

これが、特に商品成約を高めるテクニックでして、

僕も商品を紹介する際に、未来を見せることは、

意識して紹介をします。

 

その中で、特に意識するべきことは、

商品を使いこなせている未来と、

その商品を使って得られた未来です。

 

なんとなく、使うのが難しそうな商品とかは、

「自分に使いこなせるかな〜・・・・。」

 

とか、障害ができてなかなか購入に、

踏み込むことができなくなってしまいます。

 

なので、見込み客が実際に手に取って、

使いこなせるようにイメージできるように説明をします。

 

そうすることで、

見込み客の商品購入の壁は低くなりますが、

もちろん、嘘や誇大表現はいけませんので、

その点は注意が必要です。

 

 

で、さらに肝心なのが、

その商品を手にして得られる未来です。

 

これは、商品そのものを手にして使っている

過程ではなく、商品がもたらす、『明るい未来』です。

 

ダイエットサプリであれば、

そのダイエットサプリを飲むことで、

「〇〇キロ痩せることができて、男性(女性)に声をかけられるようになる

(実際はもっと具体的に見込み客の求める未来を見せてあげることが有効です)

 

というような表現を加えることで、

明るい未来を手に入れいることができるイメージが湧くのです。

 

 

そして、そのイメージが、

見込み客の求める本当の明るい未来を見せることで、

「その商品を手にすれば、悩みが解決するかも」

「その商品を手にすれば、自分の想像してしていた未来が手に入るかも」

 

というイメージが出来上がっていきます。

 

そうすることで、

商品の成約率がグンと伸びるわけです。

 

 

また、『家売るオンナ』では、

そういった見込み客1人1人合わせたオリジナルの

ニーズに応えるかのように、

実際に住んでいる未来を見せるために、

家具の配置をして見込み客に理想の未来を見せたり、

上手に演出をしています。

 

これは、少々細かなテクニックを使っています。

 

要は、理想の未来を見せるために、

お客さんの理想に沿った家を1から探すのではなく、

すでにある売りたい物件に付加価値をつけて、

お客さんの理想の未来を叶えられる物件として、

演出することで、三軒屋万智さんはどんな物件でも売ることができるです。

 

 

正直、ただ、理想の未来を見せることができる

物件を探して提案するのであれば、

”どんな物件でも売れる”とは言えません。

 

三軒屋万智さんのすごいところは、

どんな物件でも付加価値をつけて、お客さんの

理想の物件に変えてしまうところだと僕は思いました。

 

 

結局、このテクニックって、

ここまで読んでいただければわかると思いますが、

”商品を売ること”のテクニックです。

 

それが、今回のドラマでは、不動産であっただけで、

どんなビジネスにも応用ができるテクニックを使っているのです。

 

 

実際に僕がやっている

ネットビジネスでも全く同じことをしています。

 

見込み客の徹底的なリサーチをして、

本当に見込み客が望んでいることを理解し、

その望んでいることを前提として、

お客目線で商品選定(又は、商品開発)をして、

それを理想の未来をイメージさせながら商品紹介をする。

 

簡単にまとめれば、

これが売れる商品の販売の仕方で、

どんなビジネスにも応用が利く価値の与え方になります。

 

つまり、自分本意で「いいか」「悪いか」決めるのではなく、

あくまで、お客さんを優先としたアプローチが必要だということです。

 

『家を売るオンナ』は、

それを学ぶことができるドラマでした。

 

ということで、本日はこの辺で。

 

福田でした。

 



 

 

僕が、ネットビジネスで、

たった「3ヶ月で月収65万360円」を稼ぎ、

20代サラリーマンの給料を軽く超え、

自由を手に入れた福田の無料メール講座

 

 

 

無料メール講座に参加することで、

下記のプレゼントを受け取ることができます。    

 

 

 【PDF(総ページ数233ページ)】

1、無料ブログを使い90日で月収10万円確定を目指すブログ戦略

2、福田がたった3ヶ月で65万360円を稼ぐために学んだ文章術

3、顔出し・声出しせずYoutubeで人気動画を作り5〜10万円稼ぐ方法

4、超即金!!1回数分の作業で知識スキルなくても10万円を稼ぐ裏技      

 

 

上記のプレゼントに加えて、 僕のメール講座では、

 

●僕がたった90日で65万360円を稼ぐことができた理由。

●40記事しかないブログで月収5〜8万円稼いだブログ構築術。

●脱サラするために必要なネットビジネスの思考のすべて。

●主婦でも毎月5〜10万円の副収入を得る方法。

●会社に依存せず、自分の力だけで稼いでいく起業家マインド。

●会社にバレずにコツコツと口座残高を増やしていく副業。

●会社から完全に解放されて自由な生き方。  

 

・・・などなど。

 

 有料級のノウハウや思考を

僕のメール講座で公開していきます。  

 

時には、ブログでは書けないような、

過激な内容はすべて無料メール講座で暴露してちゃいますw  

 

また、上記のプレゼントは、

人数限定で配布させていただきますので、

規定の人数に達し次第、突然配布を終了します。

 

 なので、プレゼントを受け取ることができる今すぐに、

メール講座に登録をしてプレゼントを受け取ってください。

 ※プレゼントの配布終了した場合、

 お金を頂いても譲ることはできません。   

 

 下記にメール講座登録フォームがありますので、

1、メールアドレス

2、お名前(苗字のみ、ニックネーム可)  

 

を入力後、「登録」ボタンをクリックしてください。   

 

 折り返し、プレゼント付きのメールを送信します。

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

※万が一、5分経っても返信がこない場合は、

迷惑メールを確認してください。  

 

それでも、メールが来ていなければ、

メールアドレスが間違っている可能性がありますので、

再度、入力をして登録し直してください。  

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ

たった46記事のブログで20万円以上を稼ぐ方法を
公開した無料メール講座はコチラ